近江商人 十訓


 一、商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり。 

 二、店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何。 

 三、売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる。

 四、資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし。

 五、無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ。

 六、良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり。

 七、紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、

   つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ。 

 八、正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ。

 九、今日の損益を常に考えよ、

   今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ。

 十、商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ。



    「富を好しとし、其の徳を施せ」

商売繫盛で利益を得る事は、非常に良い事である。

蓄えた資産に見合った社会貢献をするべきである。

八幡商人 西川利右衛門の家訓


「奢れる者 必ず久しからず」

地位や権力を笠に着る者は、

将来長続きする事は無い。

五箇荘商人 松居遊見の座右の銘



Copyright (C) 2017 株式会社近畿ブラザー All right reserved.